<< 一覧に戻る

スペシャリストに聞く

データ解析による第3波拡大の状況分析と今後の見通し

西浦博

インフルエンザ Vol.22 No.2, 49-52, 2021

秋から冬への季節の移り変わりに伴って始まった新型コロナウイルス感染症の第3波は,予想を超える規模の流行拡大をもたらした.年明け早々,10都府県を対象に緊急事態宣言が出され,延長も決まった.さらに,ここに来て,感染力と致死率が高いとされる変異株も出現した.発生から1年が経過しても,パンデミックの終焉は見えてこない.ワクチン接種に期待がかかるが,集団免疫の成立にはまだ時間がかかりそうだ.第3波拡大の状況分析と今後の見通しを中心に,西浦博先生にお話をうかがった.(聞き手:編集部)

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る