<< 一覧に戻る

スペシャリストに聞く

患者から分離されたバロキサビル マルボキシル感受性低下A型インフルエンザウイルスの特性について

河岡義裕

インフルエンザ Vol.21 No.2, 33-35, 2020

インフルエンザ治療薬バロキサビル マルボキシル(以下バロキサビル)は,1回投与の便利さと即効性から,2018/2019シーズンには多くの医療機関で処方された.気になる薬剤感受性低下ウイルスの問題は,本誌でもこれまで何度か取り上げてきたが,今回,河岡義裕先生の研究グループが患者からの感染性低下ウイルスを分離,その特性に注目が集まっている.研究結果から何がわかるのか,河岡先生にお話をうかがった.(聞き手:編集部)

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る