<< 一覧に戻る

地域のパンデミックプランニング

次の新型インフルエンザ発生に備える!!

─新型インフルエンザの国内発生を想定した研修・訓練─

田辺正樹齋藤智也安江智雄

インフルエンザ Vol.17 No.3, 69-74, 2016

次の新型インフルエンザ発生に備え,新型インフルエンザや新感染症を対象とした感染症危機管理のための法律「新型インフルエンザ等対策特別措置法」が平成25年4月に施行された.同年6月,具体的な対応方針を定めた「新型インフルエンザ等対策政府行動計画」および「新型インフルエンザ等対策ガイドライン」が策定された.都道府県・市町村においては行動計画の策定,医療機関においては特定接種登録に際して,診療継続計画(BCP)の策定が行われたが,その後,どのような準備が進められているのだろうか.地震などの災害への備えと同様に,感染症対策においても,日常とは異なる対応を行うためには,事前準備と訓練が重要となる.新型インフルエンザであっても,感染対策や治療は季節性インフルエンザと変わらないため,特別な対応は要らないのではないかとのご意見もあると思われる.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る