<< 一覧に戻る

専門家に聞くインフルエンザウイルス講座

第9回 インフルエンザパンデミックとパンデミックワクチン

小澤真河岡義裕

インフルエンザ Vol.17 No.3, 61-65, 2016

「インフルエンザパンデミック」A型インフルエンザウイルスは,ウイルス粒子表面に突き出した2種類の糖蛋白質の多様な抗原性に基づいて,亜型に分類されます.ウイルス粒子と細胞の結合を担うヘマグルチニン(HA)は18亜型に,子孫ウイルス粒子の感染細胞からの遊離に重要なノイラミニダーゼ(NA)は9亜型に分類され,各ウイルスがもつHAならびにNA遺伝子の組み合わせにより,H1N1亜型ウイルス,H5N1亜型ウイルスなどと呼ばれます.毎年冬季に流行する「季節性インフルエンザ」はA型インフルエンザウイルスとB型インフルエンザウイルスによって引き起こされますが,このうちA型インフルエンザウイルスは,H1N1亜型とH3N2亜型の2種類です.グローバル化が進んだ現代において,世界各地で流行する各亜型のウイルスはきわめて近縁な遺伝的関係となる傾向にあります.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る