<< 一覧に戻る

QUESTION & ANSWER(インフルエンザ)

4 価インフルエンザワクチンの有効性と費用対効果について教えてください.

永井英明

インフルエンザ Vol.17 No.3, 25, 2016

2015/2016年シーズンのインフルエンザHAワクチンはA型2株およびB型2株を含む4価ワクチンとなりました.従来のA型株2株,B型株1株の3価ワクチンに,B型株をさらに1株加えたワクチンです.B型にはYamagata系統とVictoria系統があり,抗原性が大きく異なります.3価ワクチンではB型株はひとつの系統しか含まれていなかったため,予測が外れるとワクチンの有効率は大きく低下しました.4価ワクチンの免疫原性と安全性については,小児においても成人においても3価ワクチンと同等であるとされていますが,成人の抗体保有率は小児に比べ低い傾向を示しています1)-4).
「Key Words」4価インフルエンザワクチン,3価インフルエンザワクチン,免疫原性,安全性,費用対効果

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る