<< 一覧に戻る

市町村のための新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく住民に対する集団的予防接種検討のための10のstep

第4回 市民は新型インフルエンザの予防接種についてどのように考えているのか

和田耕治

インフルエンザ Vol.16 No.3, 61-65, 2015

「はじめに」3回にわたって市町村が新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づいて行う集団的予防接種の検討のstepを紹介した.これまでの経験からして住民全員がワクチン接種をするとは到底思えないと考える担当者は多いであろう.しかし,市民の意識や実態に関するデータはあまりとられて来なかった.本稿では新型インフルエンザの予防接種に関する意識を把握することを目的とした調査結果の概要を紹介する.
「方法」2014年1月にインターネット調査会社に委託し,約3,000名の20~69歳の男性・女性を対象に無記名の質問票調査を行った.インターネットによる調査に同意をしている人が調査内容を受け取り,自由な意志決定のもとで参加ができる.なお,本研究の実施にあたっては国立研究開発法人国立国際医療研究センターの倫理委員会で承認を得た.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る