<< 一覧に戻る

QUESTION & ANSWER(インフルエンザ)

2010 年秋から冬にかけて日本各地の渡り鳥から分離されている高病原性鳥インフルエンザウイルスについて教えて下さい.

伊藤壽啓

インフルエンザ Vol.12 No.3, 100, 2011


 2010年秋から2011年冬にかけて,日本各地において,斃死した野鳥からH5N1亜型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが分離されました.その数は全16県,16鳥種60例に及びました.一方,韓国においても2010年12月末頃から家禽における全国的な流行が始まり,それに倣うかのようにわが国でも西日本を中心に養鶏場での発生が頻発しました(全9県,24農場)(詳細は農林水産省「日本における高病原性鳥インフルエンザの確認状況(http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/pdf/110405_aimap.pdf)」を参照).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る