<< 一覧に戻る

政策(インフルエンザ)

今後のインフルエンザワクチンの考え方

中野貴司

インフルエンザ Vol.12 No.2, 53-59, 2011

 現在わが国で広く用いられるインフルエンザ不活化HAワクチンについて,「重症化を防ぐワクチン」という表現は適切ではなく,統計学的有意差をもってインフルエンザ罹患やそれにともなう健康被害を予防できるワクチンである.ただし,その有効性は接種対象者や評価指標によって差異がある.また,有効率が決して十分に高いとはいえず,より有効なワクチンの開発が待望される.小児に対する接種量は見直し,アジュバント添加ワクチンや経鼻粘膜ワクチンの安全性と有効性に関するエビデンスを蓄積していく必要がある.製造工程についても,細胞培養の有用性に関する検討が待たれる.

KEY WORDS
■インフルエンザワクチン ■有効性 ■アジュバント ■経鼻粘膜ワクチン ■細胞培養

はじめに

 わが国でこの数十年以上にわたって用いられてきたインフルエンザワクチンは,ウイルスの赤血球凝集素(hemagglutinin;HA)蛋白を主成分とする注射用不活化HAワクチンで,毎年の流行シーズン前に接種する.従来からインフルエンザワクチンは,ソ連型(H1N1)と香港型(H3N2)という2種類のA型ウイルスとB型ウイルスを抗原成分として含む3価ワクチンであった.2009年はA(H1N1)2009ウイルスが出現したことにより,A(H1N1)2009単独の“新型インフルエンザワクチン”と従来の“季節性インフルエンザワクチン”が国内で生産された.その後2010~2011年シーズン用としては,H1N1ウイルスとして従来のソ連型に代わってA(H1N1)2009ウイルスが採用され,香港型およびB型との3価ワクチンとして使用された.
 一方,A(H1N1)2009ウイルスの出現に際しては,パンデミック発生直後の国内ワクチン供給量ではカバーできない分を補う目的で,海外からアジュバント入りワクチンが特例承認により輸入されたが,結果的に実際に接種されたのはごく少数例であった.また,現行の注射ワクチンとは異なる経路で投与されるワクチンが,より高い予防効果を示すかどうかについても興味がもたれるところであり,すでに海外で承認されている経鼻生ワクチン以外に経鼻不活化ワクチンの国内開発も進んでいる.さらに,ワクチン製造方法の改良に関する議論も行われている.現行の国産HAワクチンは鶏卵によるウイルス培養で製造されるが,鶏卵の確保や生産効率に問題がある.そこで,より生産効率の高い細胞培養によるワクチンの開発が検討されている.本稿では,まず現行の不活化HAワクチンの現状を再評価し,今後の導入が期待される,より有用性の高いインフルエンザワクチンの方向性について考察する.

1 インフルエンザHAワクチンは“重症化を防ぐワクチン”か

1.高齢者における有効率

 高齢者への効果については,わが国で高齢者に対するインフルエンザワクチンが2類定期接種として法制化(2001年11月)される根拠となった厚生科学研究の結果1)を引用する.全国の老人福祉施設・病院に入所・入院している65歳以上の高齢者で,インフルエンザワクチン接種群(接種希望者に対して流行シーズン前に不活化HAワクチンを1回接種)と非接種群(接種を希望しなかった者)を対象として,インフルエンザ流行期の罹患状況調査を多施設共同研究として実施した.比較的大きなインフルエンザ流行があった1998~1999シーズンを解析した結果,65歳以上の施設入所者では,予防接種を受けることにより,死亡のリスクが0.2以下,発病のリスクが0.45~0.66に減少していた.すなわち,施設入所・医療機関入院の65歳以上高齢者では,評価指標を“死亡回避”とした場合に不活化HAワクチンの有効率は80%以上,評価指標を“発病予防”とした場合の有効率は34~55%という結果であった.
 海外の成績については,米国CDCのもの2)を引用する.65歳以上の高齢者における発症予防効果は30~40%,死亡回避は80%と報告されている.すなわち,高齢者に対する不活化ワクチンの有効率は,わが国と米国とでほぼ一致する.そして,評価指標を“死亡回避”とした場合のほうが,“発病予防”に対する有効率より高いという点においても,同様の結果が得られている.
 しかし,「インフルエンザワクチンは“重症化を防ぐワクチン”」とする根拠が,「発病を予防する有効率よりも,死亡回避を指標とした有効率のほうが高い」という結果から導かれているとしたら,それは適切でないと考える.その理由は“ワクチン有効率算出の計算式”を考えれば理解できるであろう.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る