<< 一覧に戻る

治療(インフルエンザ)

小児インフルエンザウイルス感染症患者に対する長時間作用型ノイラミニダーゼ阻害薬ラニナミビルオクタン酸(イナビル®)の効果

菅谷憲夫

インフルエンザ Vol.12 No.2, 39-43, 2011

 長時間作用型ノイラミニダーゼ阻害薬であるラニナミビルオクタン酸エステル(商品名イナビル®)とオセルタミビル(商品名タミフル®)との無作為化二重盲検比較試験の結果を解説した.発熱をともなうインフルエンザ症状の発現から36時間以内の9歳以下の小児を対象とした.患者を,ラニナミビル40mg投与群,ラニナミビル20mg投与群,オセルタミビル群の3群に無作為に割り付けた.ラニナミビルオクタン酸エステルは単回吸入投与,オセルタミビル(1回2mg/kg)は1日2回5日間経口投与した.主要評価項目はインフルエンザ罹病時間とし,184名を解析対象とした(40mg群61名,20mg群61名,オセルタミビル群62名).オセルタミビル耐性インフルエンザA/H1N1型ウイルス(いわゆるソ連かぜ)感染症患者では,ラニナミビルオクタン酸エステルはオセルタミビルに比べてインフルエンザ罹病時間を著明に短縮し,中央値の差は40mg群では60.9時間,20mg群では66.2時間であった.一方,インフルエンザA/H3N2型またはB型ウイルス感染患者では,インフルエンザ罹病時間でラニナミビルの各群とオセルタミビル群とのあいだに有意差は認めなかった.オセルタミビル耐性インフルエンザA/H1N1型ウイルス(ソ連かぜ)感染症患者に対してラニナミビルオクタン酸エステルは明らかに有効であった.

KEY WORDS
■ラニナミビル ■イナビル® ■オセルタミビル ■耐性

 2009年春,メキシコでブタ由来インフルエンザA/H1N1型ウイルス(2009パンデミックH1N1ウイルス)が初めて検出され,同年6月にはWHOがパンデミックを宣言した.ハイリスク集団のみならず,健康小児や成人が2009パンデミックH1N1ウイルスに感染し重症化した.最近,オセルタミビルなどのノイラミニダーゼ阻害薬が2009パンデミックH1N1ウイルス(いわゆる新型インフルエンザ)感染症患者における重症化の予防に効果的であることが報告され,ノイラミニダーゼ阻害薬による早期治療の重要性が強調されている.しかし,オセルタミビル耐性2009パンデミックH1N1ウイルス株の出現も報告されている.
 ラニナミビルはin vitroにおいて,亜型N1~N9やオセルタミビル耐性ウイルスなど,さまざまなインフルエンザA型,B型ウイルスに対してノイラミニダーゼ阻害活性を示しているほか,ブタ由来H1N1株にも効果的であることがわかっている.さらに,ラニナミビルオクタン酸エステルは長時間持続する抗ウイルス作用を有する.マウスを用いたCS-8958の非臨床試験では,単回鼻腔内投与後,ラニナミビルオクタン酸エステルは活性代謝物ラニナミビルに速やかに変換され肺に貯留し,41.4時間という長い半減期を示すほか,ラニナミビルオクタン酸エステルの単回鼻腔内投与がザナミビルまたはオセルタミビルの反復投与とほぼ同等の効果を発揮することが明らかにされている.健康成人を対象とした試験では,単回吸入後,ラニナミビルは最大6日間かけて体内から緩やかに消失することが明らかにされている.
 本稿では,2008~2009年のシーズンに実施された,小児を対象としたラニナミビルオクタン酸エステル(商品名イナビル®)の有効性と安全性をオセルタミビル(商品名タミフル®)と比較した試験の結果を解説する.

1 対象と方法

1.試験デザインと登録基準

 本試験は多施設共同無作為化二重盲検比較試験として,日本の43施設において2008年12月から2009年3月にかけて実施された.
 対象患者は,なんらかのインフルエンザ症状の発現から36時間以内に受診し,腋窩体温が38.0℃以上であるほか,治験薬の吸入が可能と判断された9歳以下の小児である.

2.無作為化と薬剤の投与方法

 実施医療機関で迅速診断キットにより判定されたウイルス型(A/B型)を層とした置換ブロック法により,ラニナミビルオクタン酸エステル40mg投与群,ラニナミビルオクタン酸エステル20mg投与群,オセルタミビル群の3つの治療群に1:1:1の割付比で無作為に割り付けた.
 ラニナミビルオクタン酸エステルは,試験の第1日に単回吸入投与した.オセルタミビル(1回2mg/kg)は,体重37.5kg未満の患者で1日2回,5日間(第1日~第5日)経口投与した.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る