<< 一覧に戻る

治療(インフルエンザ)

新型インフルエンザH1N1の症状と治療

河合直樹前田哲也松浦伸郎山内知田中治岩城紀男池松秀之西村美香柏木征三郎

インフルエンザ Vol.11 No.3, 51-56, 2010

2009年秋に大流行した新型H1N1の症状と抗インフルエンザ薬(抗イ薬)の治療効果などを2007/2008年および2008/2009年のH1N1と比較した. 対象はPCRで確定したH1N1例で2007/2008年(68例)と2008/2009年(256例)はソ連型, 2009/2010年(300例)は新型である. 新型は平均年齢が低く(18.2歳), 10代が54.2%を占めた. 37.5℃または38℃以上の発熱, 咳, 咽頭痛, 嘔吐, 下痢の出現頻度は有意差がなかったが, 倦怠感, 鼻汁, 筋肉痛, 頭痛, 食欲不振の頻度は新型で低い傾向にあった. ザナミビル解熱時間は3シーズン間で有意差を認めなかったが, オセルタミビル解熱時間は新型では2008/2009年のソ連型(同薬耐性)より短く, 2007/2008年のソ連型よりもさらに短い傾向にあった. 新型は一部で重症例もあるが, 一般的には前2年のH1N1よりも症状は同程度かやや軽い傾向にあり, 両抗イ薬の有効性も高いと思われた.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る