<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

インフルエンザワクチンの効果

(2010年2月17日(水) 於・東京)

柏木征三郎城野洋一郎齋藤昭彦永井英明

インフルエンザ Vol.11 No.3, 9-20, 2010

「柏木(司会)」新型インフルエンザH1N1がついに2009年に発生いたしました. 診断, 治療, 流行拡大の対策などはかなり進んでおりますが, 予防法としてのワクチン接種が大きな問題となりました. わが国のインフルエンザワクチンは, 従来から不活化スプリットワクチンでアジュバントは加えられていません. しかし, 今回はアジュバントワクチンも使用可能となりました. このような観点から, 特にアジュバントワクチンの使用のご経験のあるお二人の先生方, 国立病院機構東京病院の永井英明先生, 国立成育医療研究センター病院の齋藤昭彦先生にお越しいただきました. また, ワクチン製造の専門家である化学及血清療法研究所の城野洋一郎先生にもご出席いただいて種々お話をお聞きしたいと思います. 「インフルエンザワクチンの種類と接種量」「柏木」従来からアジュバントの加えられていないワクチンには, 全粒子やスプリット, サブユニットなどといわれているものがありますが, 城野先生, これを少し解説していただけますでしょうか.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る