<< 一覧に戻る

QUESTION & ANSWER(インフルエンザ)

新型インフルエンザウイルスはアンティジェニックドリフトを起こし始めているのでしょうか.

小田切孝人

インフルエンザ Vol.11 No.2, 85, 2010

A 現時点では, まだほとんどドリフトは起こっていません. ブタ由来の新型インフルエンザウイルス(A/H1N1pdm)が世界中で大流行してから9ヵ月が経過した現在でも, 解析した国内外の分離株の95~99%は, ワクチン株A/California/7/2009と抗原性が類似しています. しかし, 抗原変異株もわずかながらみつかっており, それらは赤血球凝集素(HA)蛋白のK153E(153番目のアミノ酸がリジンからグルタミン酸へ変化), K154E, G155EまたはN156Eアミノ酸置換を起こしていることが知られています1). 国内分離株ではA/神戸/92297/2009(G155E), 海外分離株ではA/Bayern/69/2009(G155E), A/Norway/3206/2009(N156E)などがこれらの変化をもった抗原変異株です. ただ, オリジナル臨床検体中のウイルスには, これらの変異はみつからないことから, 培養細胞または孵化鶏卵での分離過程で変異が起こった可能性が示唆されています.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る