<< 一覧に戻る

公衆衛生(インフルエンザ)

沈降インフルエンザワクチンH5N1の開発と今後

庵原俊昭

インフルエンザ Vol.11 No.1, 63-68, 2010

2009年4月に新H1N1が流行するまでは, H5N1によるパンデミック対策が世界の重要なテーマであった. H5N1パンデミックに備え, 世界各国で季節性インフルエンザワクチンと異なる剤形のプロトタイプワクチンが開発された. 本邦で開発された沈降インフルエンザワクチンH5N1は, 水酸化アルミニウムをアジュバントとする全粒子ワクチンで, 初回接種により優れた免疫priming効果があり, 株が異なるワクチンの追加接種により幅広い交差免疫性が誘導された. H5N1がパンデミックを起こすことが確実ならば, パンデミック前に希望者に接種する対策も考慮すべきであるが, 不確実な時点で接種するのは時期尚早であろう. 『はじめに』 1997年香港において高病原性鳥インフルエンザウイルス(highly pathogenic avian influenza virus;HPAIV, H5N1亜型)のヒトへの感染が報告されて以来, ベトナム, インドネシア, エジプトなど世界各地でHPAIVのヒトへの感染が報告されている1)2).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る