<< 一覧に戻る

治療(インフルエンザ)

オセルタミビル耐性H1N1ウイルスの治療

河合直樹岩城紀男川島崇田中治前田哲也池松秀之柏木征三郎

インフルエンザ Vol.11 No.1, 57-62, 2010

2008/2009年シーズンのH1N1はほとんどがH274Y変異によるオセルタミビル耐性であり, 2007/2008年のH1N1よりも同薬のIC50が約200倍に増加(感受性が1/200に低下)していた. ウイルス残存率や解熱時間などの検討からオセルタミビルは特に小児において有効性の低下が明らかであった. 一方, ザナミビルは有効性の低下はみられなかったが, 小児や高齢者などでは使用が困難な場合もある. また, 本耐性ウイルスに有効とされるアマンタジンは現在流行している新型H1N1やH3N2には耐性である. このような状況下で漢方薬の麻黄湯は耐性H1N1ウイルスに一定の効果を示した. 新しい抗インフルエンザ薬の開発も進んでいるが, 当面はサーベイランスによる流行亜型や薬剤耐性の状況を十分に把握しながら, 治療を選択することが重要と思われる. 『はじめに』 2007年11月頃から北欧中心にH274Y変異によるオセルタミビル耐性H1N1ソ連型が高頻度に出現したが1), この2007/2008年シーズンは日本での本耐性ウイルスの頻度は低かった(約3%).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る