<< 検索結果に戻る

血管再生のメカニズム

血管医学 Vol.17 No.1, 9-15, 2016

「Summary」血管新生に関する研究は,血管内皮増殖因子(VEGF)などの血管新生因子が同定され,血管構成細胞(血管内皮細胞,平滑筋細胞,壁細胞など)の分化誘導に関する研究,脈管形成(vasculogenesis)や血管新生(angiogenesis)のメカニズム研究などの分野で飛躍的な発展を遂げてきた.近年は,血管新生因子を用いた遺伝子治療や,血管内皮前駆細胞(EPC),骨髄由来細胞,脂肪組織由来間葉系幹細胞,人工多能性幹細胞(iPS)細胞などを用いた血管再生医療も検討されており,数多くの臨床治験が進行中である.本稿では,血管再生療法の基礎となる血管発生と血管新生のメカニズム,それらの血管再生療法への応用点について概説する.
「Key words」血管内皮増殖因子(VEGF),人工多能性幹細胞(iPS),血管新生,細胞移植療法

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録