<< 一覧に戻る

特集 CKDにおける血管病変の進展

CKDでの血管病変進展機序:(3)ビタミンD欠乏症

津川尚子

血管医学 Vol.15 No.3, 41-47, 2014

「Summary」慢性腎疾患(CKD)では,健常者よりも高頻度にビタミンD欠乏症が認められる.CKDでは,ビタミンDの栄養指標である25-ヒドロキシビタミンDとともに活性型ビタミンDが低下する.ビタミンD欠乏症は,RAS亢進による血圧上昇や,アンジオテンシンⅡの上昇による血管の炎症性浸潤を促進する可能性がある.また,ビタミンD欠乏は制御性T細胞Tregを介した血管保護機能を低下させ,FGF23・Klothoの誘導低下による血管石灰化を促進することから,CKDの血管病変を進行させると考えられる.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る