<< 一覧に戻る

特集 CKDにおける血管病変の進展

CKD病期各期での血管病変の進展

浅川貴介常喜信彦

血管医学 Vol.15 No.3, 17-21, 2014

「Summary」慢性腎臓病(CKD)ステージごとにみた動脈硬化は,その機序により大きく異なる進展様式を呈しているのかもしれない.動脈硬化を粥腫,細動脈硬化,血管石灰化と分けた時,CKDステージとともに,どのような進展様式をとるのであろうか.CKDステージの段階が上がるごとに心血管疾患発症のリスクが高まる報告を考慮すれば,動脈硬化はCKDステージとともに単純に進行していくと考えがちである.多くの報告を総合的に判断すると,CKDステージ前半と後半では動脈硬化の進展様式が大きく異なっていることが推察される.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る