<< 一覧に戻る

特集 過食時代における高血圧の病態と最新治療ストラテジー

肥満・メタボリックシンドローム合併高血圧とCKD

柏原直樹西佑子城所研吾

血管医学 Vol.13 No.3, 57-66, 2012

「Summary」軽微であっても腎障害の存在が, その成因のいかんにかかわらず, 心血管病と連関することが知られ, 慢性腎臓病(chronic kidney disease; CKD)の概念が生まれた. CKD発症の危険因子は, 高血圧, 糖尿病, 肥満, メタボリックシンドローム, 脂質代謝異常, 加齢である. 肥満は単独でも蛋白尿や腎機能障害・腎不全の原因となる. メタボリックシンドロームもCKD発症と関連しており, メタボリックシンドロームの構成要因が増加するにつれてCKD発症リスクが増大する. 肥満とメタボリックシンドロームはともに修正可能な因子であり, 生活習慣の適正化を徹底することでCKD/CVDの発症抑制に努めたい. 「はじめに」脂質代謝異常, 高血圧, 高血糖・糖尿病は, 動脈硬化・心血管病(cardiovascular disease; CVD)の確立された危険因子である.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る