<< 一覧に戻る

特集 過食時代における高血圧の病態と最新治療ストラテジー

肥満から慢性炎症,そして疾患へ―AIMによる慢性炎症誘発のメカニズム―

新井郷子宮崎徹

血管医学 Vol.13 No.3, 19-25, 2012

「Summary」肥満を基点として起こるさまざまな生活習慣病は, それぞれの疾患が互いに複雑に絡み合いながら次々に発症し, 個々に分かつことが困難であることが特徴である. そして, それらの多くは内臓脂肪の慢性炎症をベースとしていることが明らかになっている. 高血圧もまた, その疾患群の構成要素のひとつであり, 同様に根底に血管炎症が存在することが示唆されている. 本稿では, 肥満がなぜ慢性炎症を誘発するのか, その原因になる分子AIMと, それが血管炎症へ与える影響について解説する. 「はじめに」現代社会における大きな健康問題である肥満. その進行はインスリン抵抗性の惹起を基点として, 2型糖尿病, 動脈硬化性疾患, 肝機能障害といったさまざまな疾患を招くが, 近年では, 肥満からこれら疾患に至る過程には体内の慢性炎症がキー・イベントとして介在することが知られている. また, 特に日本では, このような現代的疾患群の多くは高血圧を伴う場合が多いが, 高血圧も, たとえば炎症マーカーであるCRP値との有意な性の相関が報告されるなど, 同様に血管内皮の炎症との関連性が指摘されている.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る