<< 一覧に戻る

生活習慣病と癌の基盤病態としての慢性炎症

慢性炎症メディエーターAngptl2と生活習慣病と癌の病態生理

尾池雄一

血管医学 Vol.12 No.1, 79-84, 2011

Summary
近年,生活習慣の多様化に伴い運動不足や肥満の増加が社会的問題となっている.医学的にも運動不足や肥満により生体内で慢性炎症が誘導され,インスリン抵抗性や2型糖尿病などの糖代謝異常,脳卒中や狭心症・心筋梗塞などの動脈硬化性疾患,神経変性疾患,癌の発症・浸潤・転移などさまざまな疾患に共通する基盤病態として注目を集めている.慢性炎症の分子病態,とくに鍵となる炎症メディエーターを明らかにし,その機能を解明することは,新たな治療法や予防法を開発するうえで重要である.われわれは,アンジオポエチン様因子2(Angptl2)が慢性炎症を基盤としたさまざまな疾患の発症や進展に炎症メディエーターとして寄与していることを見出しており,本稿においてその一端を概説する.

Key words
◎Angptl2 ◎慢性炎症 ◎肥満 ◎動脈硬化 ◎癌

はじめに

 近年,生活習慣の多様化により,運動不足や肥満に起因する慢性炎症が,さまざまな疾患の基盤病態となることが注目されている1)2).感染や外傷によって起こるいわゆる一般的な急性炎症は,組織の修復や機能回復を行うための生体防御反応である.一方,慢性炎症では,長期にわたるストレス応答のために実質細胞とさまざまな間質細胞の相互作用が遷延化し,適応の破綻により不可逆的な組織のリモデリングを生じる.生活習慣の多様化に起因したストレスに対するこの応答機構の変調や破綻が,肥満,インスリン抵抗性,糖代謝異常,脂質代謝異常,高血圧などが一個体に集積するメタボリックシンドローム,動脈硬化性疾患,さらに癌などの発症や進展の原因として大変注目されている3).しかしながら,各疾患においてどのような機序で慢性炎症が生じ,病態の発症や進展に関与しているのかについては十分に理解されていない.したがって,慢性炎症を基盤病態とする各疾患において,鍵となる炎症メディエーターの同定や機能を明らかにすることが病態の分子メカニズムを解明するうえで重要である.サイトカイン/ケモカイン,血管新生制御因子や血球遊走因子などのタンパク質,脂質などが炎症メディエーター候補としてあげられる.本稿では,慢性炎症関連疾患におけるアンジオポエチン様因子(angiopoietin-like protein;Angptl)2 の意義について,最近の知見とあわせて概説する.

Angptlファミリー

 Angptlファミリーは,血管新生因子アンジオポエチンの構造上の特徴であるコイルドコイルドメインとフィブリノゲン様ドメインをもつ分泌タンパク質であるが,アンジオポエチンの受容体であるTie2やそのファミリーメンバーであるTie1には結合せず,特異的受容体は同定されていない5).現在のところ,Angptlファミリー分子はヒトで7種類同定されており,生物学的機能としてはその多くが血管新生制御に何らかの作用を示すことが明らかとなっている5).一方でAngptl3,Angptl4,Angptl6(AGF)は糖・脂質代謝やエネルギー代謝に関与するなど多様な機能を有することが明らかとなっている5)-7).Angptl2は当初,われわれを含む複数のグループにより血管新生制御因子として報告されたが8),最近,われわれはAngptl2が慢性炎症に関与する重要な鍵因子のひとつであることを明らかにした4)9).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る