<< 検索結果に戻る

緑内障の早期治療,積極治療を考える

Frontiers in Glaucoma No.53, 19-29, 2017

山本:高齢社会となったわが国では平均寿命がどんどん延びており,生活の質(QOL)の保持が大切な要素となっています.なかでも視覚の質(quality of vision:QOV)はQOL保持の上で重要な要素であり,視覚障害の第一原因とされる緑内障の克服は喫緊の課題です.そこで今回は,「緑内障の早期治療,積極治療を考える」をテーマに座談会を行いたいと思います.まずは,緑内障診療に対する先生方の基本的なスタンスについて簡単にご紹介ください.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録