<< 一覧に戻る

脳卒中の治療技術

脳卒中後痙縮の治療

武内俊明梶龍兒

脳と循環 Vol.21 No.3, 67-70, 2016

「はじめに」脳卒中急性期にリハビリテーションで麻痺症状が改善した症例でも,慢性期になると運動ADL が低下することがある.脳卒中の再発で病変が新たに出現したのではなく,筋力も保たれているのにもかかわらず徐々に筋緊張が亢進し,相反収縮により関節可動域が制限される.いわゆる痙縮の出現である.脳卒中慢性期の運動ADL 維持・改善には,再発予防はもちろんのこと,痙縮のコントロールも重要である.痙縮は歩行障害や痛みなどによる睡眠障害を引き起こしてADL低下させる一方,下肢の伸筋の痙性は立位や歩行の手助けになることもある.すべての痙縮が悪ではなく,適切な筋の適度な緊張コントロールが重要である.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る