<< 一覧に戻る

脳卒中の治療技術

潜在性心房細動をいかに捉えるか?

宮﨑雄一豊田一則

脳と循環 Vol.21 No.1, 63-68, 2016

「塞栓源不明の脳塞栓症“ESUS”と潜在性心房細動の検出」脳梗塞のうち約1/4は適切な検索を行っても原因が特定できず,「潜因性脳梗塞(cryptogenic stroke)」と呼ばれてきた.近年,画像診断の進歩により病態の理解が深まり,潜因性脳梗塞の多くは塞栓性機序であると考えられ,「塞栓源不明の脳塞栓症(embolic stroke of undetermined source:ESUS)」という新たな疾患概念が提唱された1).ESUSの潜在的な塞栓源のうち,同定されていない心房細動(atrial fibrillation:AF)の占める割合は少なくないと考えられている.AFは心原性脳塞栓症の主要な原因の1つであり,非弁膜症性心房細動(non-valvular AF:NVAF)を有する人は,そうでない人の約5倍の脳梗塞リスクがある2).NVAF患者において抗凝固療法(用量を調整したワルファリン)は確立された治療であり,脳卒中リスクを2/3に減らす3).

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る