<< 一覧に戻る

特集 心臓病と脳卒中

心房細動の薬物・非薬物治療:Ablationを含む

熊谷浩一郎

脳と循環 Vol.18 No.3, 33-37, 2013

[SUMMARY] 心房細動の治療として, 高血圧, 糖尿病, 心不全などの併発疾患へのアップストリーム療法が最優先される. まず, 減塩, 減量, 運動を指導し, 不十分であれば, 薬物治療を行う. 次いで, 脳梗塞のリスクをCHADS2スコアで評価し, 適応であれば抗凝固療法を開始する. 心房細動そのものに対する治療としては, まずβ遮断薬によるレートコントロールを行い, 無効であれば, 抗不整脈薬あるいはカテーテルアブレーションを選択する. [はじめに] 心房細動(AF)の治療として, 高血圧, 糖尿病, 心不全などの併発疾患へのアップストリーム療法が最優先される. まず, 減塩, 減量, 運動を指導し, 不十分であれば, 薬物治療を行う. 次いで, 脳梗塞のリスクをCHADS2スコアで評価し, 適応であれば抗凝固療法を開始する. AFそのものに対する治療としては, まずレートコントロールを行い, 無効であれば, 抗不整脈薬あるいはカテーテルアブレーションを選択する1)(図1).

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る