<< 一覧に戻る

特集 脳卒中と慢性腎臓病(CKD)

CKDの病態と他のリスクとの関連

柏原直樹庵谷千恵子城所研吾西佑子

脳と循環 Vol.17 No.3, 25-31, 2012

「SUMMARY」生活習慣の変化, 高齢化を背景にして日本人の疾患構成, 成因は大きく変化しており, 腎臓病もその例外ではない. 軽微な腎機能障害あるいはごく微量のアルブミン尿の存在は, 長年月を経て末期腎不全に至る以前に, 脳卒中, 虚血性心疾患, 心不全などの心血管病発症と関連していることが判明している. とりわけ日本人を含むアジア人種では, CKDは脳卒中, さらに認知機能障害の発症とより強く連関している. さらに新規脳卒中発症患者の予後を検討するとCKD合併者で予後がより不良であることも示されている. 「はじめに: CKDの臨床的意義」生活習慣の変化, 高齢化を背景にして日本人の疾患構成, 成因は大きく変化しており, 腎臓病もその例外ではない. 腎臓病の成因, 臨床像は近年になり大きく変貌している. 軽微な腎機能障害あるいはごく微量のアルブミン尿の存在は, 長年月を経て末期腎不全に至る以前に, 脳卒中, 虚血性心疾患, 心不全などの心血管病(cardiovascular disease: CVD)発症と関連していることが判明している1).

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る