<< 一覧に戻る

特集 脳卒中と慢性腎臓病(CKD)

(座談会)CKDの病態と脳卒中

井林雪郎寺脇博之庄司哲雄北園孝成

脳と循環 Vol.17 No.3, 11-20, 2012

「CKDの概念と病態および疫学について」井林(司会) 近年, 慢性腎臓病(chronic kidney disease: CKD)が進行し透析療法を受ける患者が増えている一方で, CKDが脳卒中や心血管疾患の大きなリスクであることも明らかになってきました. 「脳卒中治療ガイドライン2009」においても, 脳卒中の危険因子として睡眠時無呼吸症候群およびメタボリックシンドロームと並んで新しくCKDが加えられています. そこで, 今回は「CKDの病態と脳卒中」というテーマで座談会を行います. まず, CKDの概念と病態および疫学について, 寺脇先生と庄司先生に解説をお願いします. 寺脇 CKDは2002年に米国腎臓財団により提唱された概念です. わが国でも日本腎臓学会により2007年に「CKD診療ガイド」が作成され, その後2009年の改訂を経て2012年6月に2度目の改訂版が発行されました. その中でCKDの定義として, (1)尿異常, 画像診断, 血液, 病理で腎障害の存在が明らか.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る