<< 一覧に戻る

脳循環障害の画像診断

片側上下肢の舞踏運動を呈した内頸動脈狭窄症の一例

鈴木理恵子豊田一則宮城哲哉飯原弘二峰松一夫

脳と循環 Vol.16 No.2, 55-60, 2011

はじめに
 舞踏運動とは,顔面,四肢,頸部,体幹の小さくて速く,滑らかで不規則な不随意運動である.原因はさまざまであるが,脳血管障害も原因として重要であり,基底核病変や内頸動脈狭窄などによる脳の循環予備力障害と舞踏運動の関連がいわれている.自験例をもとに文献的考察を加えて紹介する.

症例

75歳男性,右利き.

主訴

右手足が勝手に動く.

既往歴

10年前より重症筋無力症(眼筋型),高血圧に対し内服加療中.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る