<< 一覧に戻る

糖尿病と脳卒中

糖尿病患者における脳卒中予防

鴨打正浩

脳と循環 Vol.15 No.2, 35-40, 2010

「SUMMARY」 糖尿病患者における脳卒中予防には, ACE阻害薬やARBを用いた血圧管理, スタチンによる脂質管理が重要である. 一方, 厳格な血糖管理は脳卒中を予防できず, 心筋梗塞において認められるような遺産効果が脳卒中に対しても認められるかどうかは明確ではない. メトホルミンには脳卒中リスクの低減作用が期待されるが, チアゾリジン薬の長期予後については今後の検討が必要である. 併存する複数の危険因子を早期から厳格に管理することが, 脳卒中予防に最も有効と考えられる. 「糖尿病と脳卒中」 糖尿病は脳卒中のリスクであり, 糖尿病は脳卒中の発症を2~3倍に増加させる. 久山町研究では, 脳卒中イベント発生率は非糖尿病患者で1.9~2.3/1,000人・年であるのに対して, 糖尿病患者では6.5であった1). 2007年の国民栄養調査の結果では, 糖尿病が強く疑われる人は約890万人, 可能性が否定できない人は約1,320万人と推定され, 10年前と比較して約1.3倍に増加した.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る