<< 一覧に戻る

糖尿病と脳卒中

脳血管障害と糖尿病―疫学的立場から

土井康文清原裕

脳と循環 Vol.15 No.2, 19-23, 2010

「SUMMARY」 世界各地のコホート研究によれば, 糖尿病により脳卒中(脳梗塞)のリスクは2~5倍上昇する. 福岡県久山町の追跡調査では, 75g経口糖負荷試験で判定した糖尿病において, 脳梗塞の発症リスクが男女で約2倍有意に高かったが, impaired fasting glycemiaおよびimpaired glucose toleranceではこの関連は認められなかった. 一方, メタボリックシンドロームを合併した糖尿病では, 脳梗塞のリスクが相乗的に上昇した. 「はじめに」 1950年代から1960年代にかけてわが国の脳卒中死亡率は世界で最も高かったが, 1970年代より降圧治療の普及とともにその死亡率は減少傾向に転じ, 1990年代に入り欧米先進諸国と肩を並べるまでになった. 一方, 国民の生活レベルの向上とともに食生活を含めた生活習慣が欧米化し, 肥満や脂質異常症とともに糖尿病が急速に増加しており, 脳卒中(脳梗塞)に与える影響も増大していると考えられる.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る