<< 一覧に戻る

脳卒中診療に直結した画像診断の進歩

脳梗塞急性期SPECT検査の進歩と有用性

小笠原邦昭

脳と循環 Vol.11 No.2, 35-38, 2006

脳主幹動脈急性閉塞に対する血行再建術, なかでも発症数時間以内の脳主幹動脈塞栓性閉塞に対する線溶療法の適応決定には, 脳血流SPECTによる残存血流量測定が有用である. しかし, 再開通後に出血をきたす閾値は明瞭には認められない. また, 血行再建直後にECD SPECTで高灌流の有無と脳組織のviabilityを知ることにより, 脳内出血出現の有無を予知することができる.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る