<< 一覧に戻る

腫瘍をめぐるQ&A

Question TGF-βの働きと癌治療への応用について教えてください

阪本卓也和田浩志富丸慶人友國晃浅岡忠史川本弘一丸橋繁江口英利永野浩昭土岐祐一郎森正樹

Surgery Frontier Vol.22 No.2, 84-86, 2015

「Answer」
「はじめに」β型トランスフォーミング増殖因子(transforming growth factor-β:TGF-β)は,細胞の増殖や分化,組織における炎症や創傷治癒,アポトーシスの制御など多様な働きをもつことが知られている。TGF-βの受容体やそのシグナル伝達分子であるSMADを欠いたノックアウトマウスの多くは血管形成不全により胎仔期に死亡することから,TGF-βシグナルは生体の恒常性にかかわる重要な因子のひとつとされる1)。しかし,近年の研究により,TGF-βが癌における浸潤,転移,抗癌剤感受性および上皮間葉転換(epithelial-mesenchymal transition;EMT)などの癌の悪性度と関連することが明らかとなってきた2)。ここでは,TGF-βがEMTを誘導するメカニズムと治療への応用に向けた研究について紹介する。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る