<< 一覧に戻る

腫瘍をめぐるQ&A

Question C型肝炎ウイルスとスタチン・肝細胞癌との関連について

山下雅史江口英利和田浩志富丸慶人友國晃濱直樹川本弘一丸橋繁永野浩昭土岐祐一郎森正樹

Surgery Frontier Vol.21 No.3, 87-89, 2014

「Answer」 近年, C型肝炎に対する新たな治療薬として, プロテアーゼ阻害剤やポリメラーゼ阻害剤の開発が飛躍的に進んでおり, わが国でも, これまでの標準的な治療法であるPEGインターフェロン(PEG-IFN)とリバビリン(RBV)併用療法にプロテアーゼ阻害剤を加えた3剤治療が認可され, 難治性のGenotype 1b型の患者に対しても, ウイルス学的著効(sustained virological response ; SVR)率が70%にまで向上しつつある. しかし, 副作用や高齢者, 耐性ウイルスの出現などの問題もあり, 今後もPEG-IFN/RBV併用療法が主要な治療のひとつであり, その効果を改善させるためのさまざまな工夫がなされてきた. その工夫のひとつとして, 高脂血症治療薬のHMG-CoA還元酵素阻害剤であるスタチン製剤の併用が挙げられる. Yeらは, in vitroにおいてスタチン製剤のひとつであるlovastatin(国内未承認)がC型肝炎ウイルス(hepatitis C virus ; HCV)のRNA複製を抑制することを初めて報告した1).

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る