<< 一覧に戻る

特集 肥満の基礎と臨床

Ⅰ.肥満の基礎 肥満症例における構成脂肪細胞の変化

杉原甫青木茂久末崎幸生

Surgery Frontier Vol.20 No.3, 21-30, 2013

「Summary」脂肪細胞は貯蔵に有利な球形となって栄養を貯める. それらのあいだを小血管が走る. この脂肪細胞が過度に摂食すると肥大してくる. このとき, 脂肪細胞はどのようなかたちを採るのか. 脂肪細胞が肥大して, 限られた体内で(特に腹腔内)密に存在するには, 多面体を採る. われわれの観察ではβ14面体である. これは, 上下の2個の四角形に, 4個ずつ五角形が付き, あいだを4個の六角形が埋める. そうなると, 生体血管量への影響が起きる. 隙間なく密に接した脂肪細胞のあいだの小血管は, 脂肪細胞から強く圧迫されて内腔が狭まる. これは血圧が上がるひとつの理由であろう. さらに, 脂肪細胞は, 虚血に陥る. これは, 脂肪細胞のサイトカイン産生に影響を及ぼす. アディポネクチン産生低下はその最悪の現象であり, 動脈硬化症を引き起こし, 心筋・脳梗塞へ進展するという, まさにメタボリック・シンドロームの基礎病態となるのである.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る