<< 一覧に戻る

腫瘍をめぐるQ&A

Question 抗EGFR抗体薬の治療抵抗性を規定する因子は?

坂井大介佐藤太郎

Surgery Frontier Vol.20 No.1, 98-101, 2013

「Answer」上皮細胞増殖因子受容体(epidermal growth factor receptor:EGFR)は. HER/ErbBファミリーに属する170kDaの膜貫通型成長因子受容体であり, HER1またはErbB1とも呼ばれる. 内因性リガンドであるEGFやTGF-αが結合すると, ホモまたはほかのErbBファミリー分子とヘテロ二量体を形成し, 細胞内のチロシンキナーゼドメインの自己リン酸化が引き起こされ, EGFR下流シグナルであるRAS/RAF/MEKやPI3K/AKT経路が活性化する(図1)1). 正常組織におけるEGFRは細胞の分化, 増殖, 発達, 維持の調節に重要な役割を果たしている. 一方, 癌細胞ではEGFRの機能が亢進し, 癌の増殖, 浸潤, 転移, 生存, 血管新生などに関与する2). 抗EGFR抗体薬は, EGFRのリガンドであるEGFおよびTGF-αのEGFRへの結合を阻害し, リガンドによる受容体チロシンキナーゼの活性化を阻害する.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る