<< 一覧に戻る

腫瘍をめぐるQ&A

Question PKM2はβcateninの転写を制御する

浜部敦史今野雅允山本浩文土岐祐一郎森正樹石井秀始

Surgery Frontier Vol.20 No.1, 90-93, 2013

「Answer」ピルビン酸キナーゼ(PK)は, 解糖系の最終段階(ホスホエノールピルビン酸+ADP→ピルビン酸+ATP)を触媒する代謝酵素である. PKの遺伝子からは選択的スプライシングにより2つのアイソフォーム(PKM1, PKM2)を生じる(表1). 成人の正常分化細胞ではほとんどがPKM1であるが, 胎生期の細胞と癌細胞では多くがPKM2にシフトしている. ところで, 癌細胞内ではWarburg効果という特殊な解糖システムが営まれていることが1930年頃から知られており, 正常酸素分圧下においても細胞内では嫌気的解糖経路が優位に働き, ピルビン酸は主に乳酸へと代謝されている. 2008年になり, Warburg効果を維持するためにPKM2が必須であること, またPKM2はペントースリン酸回路(PPP)を亢進させて腫瘍増大に必要となる細胞構成成分を産生していることが解明され, 癌代謝におけるPKM2の重要性に注目が集まることとなった1)2).

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る