<< 一覧に戻る

特集 癌関連のノーベル賞1(方法の発見・発明編)

コンピュータ断層撮影の開発(1979年),核磁気共鳴画像法に関する発見(2003年)

荒木裕吉田重幸富山憲幸

Surgery Frontier Vol.20 No.1, 31-36, 2013

「Summary」間違いなく人類最高最良の発明であるCT(computed tomography)とMR(magnetic resonance)は, コンピュータ技術が進んだ20世紀後半, 相次いで開発された. 特にCTの発明は当時革命的で非観血的に人体の断面を描出し, 病態を把握できる技術は, その後の医療にはかり知れない恩恵をもたらした. CTの発明は, 大学を出ていないイギリスEMI社の一コンピュータ技師であったGodfrey Hounsfieldの熱意と努力によってなされた. Hounsfieldは, CTの開発のため南アフリカ共和国生まれのAllan Cormackが確立したX線体内吸収の数理理論を採用したが, 2人はその功績により, 1979年度のノーベル医学生理学賞を受賞している. MRは, CTの成功が契機となって発明された. MRの開発者の1人, イギリス人Peter Mansfieldは, 奇しくもCTの発明者Hounsfieldと同郷で, 15歳のとき, 学校の先生からこの将来のノーベル賞受賞者に“君は科学に向いていない”といわれ学校をやめて印刷工になったという変わり種である.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る