<< 一覧に戻る

特集 癌関連のノーベル賞1(方法の発見・発明編)

核酸の分子構造および生体の情報伝達におけるその重要性の発見(1962年)

関谷剛男

Surgery Frontier Vol.20 No.1, 15-20, 2013

「Summary」James WatsonとFrancis CrickによるDNA二重らせん構造モデルの提唱は, 遺伝情報の分子構造ならびにその伝達機構を見事に説明した, まさに分子生物学の誕生であった. DNAは, 1本の同じ軸の周りに, 構成原子の配列が逆方向の2本の右巻きのらせん鎖で構成される二重らせん構造をとっている. らせん鎖の骨格は, 糖とリン酸部分が交互に並んだ長い構造で, 各糖には塩基が結合している. 塩基は内側に位置し, リン酸基は外側に面している. 一方の鎖からの塩基が, もう一方の鎖の一塩基とのあいだで, 水素結合で結合している. 二重らせん構造模型を可能にするためには, 塩基対の一方はプリンで, もう一方はピリミジンでなければならない. アデニンとチミジン, グアニンとシトシン間の塩基対である. この特定塩基間の対形成により, 一方の鎖上の遺伝情報としての塩基配列は, 自動的に相手の鎖上の相補的塩基配列として決定される.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る