<< 一覧に戻る

特集 がん関連データベース, その特徴と今後の展開

NCDにおける今後の展望:日本再生を支えるプラットフォーム

宮田裕章大久保豪友滝愛後藤満一小野稔橋本英樹岩中督

Surgery Frontier Vol.19 No.4, 45-51, 2012

「臨床データベースが必要とされる背景」医療は高い専門性により生じる, 医療提供者側と患者・市民側の情報格差により, “医療提供者が患者側に与え, 患者・市民側が医療提供者に任せる”という時代がこれまで長く続いてきた. しかしながら, 医療提供者は, 自分たちが重要と考える医療という視点以外に, 患者・市民側の価値に基づいて「患者・市民とともに生きる医療」のあり方を考えていくことが重要となる. Institute of Medicineが“患者中心の医療”という概念を, 21世紀の医療改革に向けた主軸のひとつとして提示したよう1)に医療においては患者・市民に良質な医療を提供することが, すべての関係者に共通する中心的課題となる. したがって患者・市民に質の高いサービスを提供することを第1の目的として設定し, その質を担保したサービスの提供のため医療提供システムや実践的取り組みをどのように設計, 調整するべきかを検討することが不可欠となる2).

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る