<< 一覧に戻る

特集 がん関連データベース, その特徴と今後の展開

NCD登録データを利用した消化器外科専門医制度の構築

今野弘之神谷欣志

Surgery Frontier Vol.19 No.4, 19-24, 2012

「Summary」消化器外科専門医制度は本邦における専門医制度のなかでも, 歴史と実績があり最も整備されている制度のひとつである. NCD(National Clinical Database)事業は2011年100万例以上登録がなされたが, 消化器外科専門医制度の後ろ盾が大きく寄与した. 今後NCDに登録されたデータを利活用することにより, 本邦の外科医療の進歩に資することが期待されている. NCD事業の定着のためには, データ登録を簡便化し, 有益で客観性のあるデータ解析を行うことが必要であるが, これにより消化器外科専門医の「実力」が示され, インセンティブにつながることが望まれる. 一方で, データ解析により, 地域間格差, 施設間格差, さらには専門医間の差も明確となる可能性もある. 公表に際しては十分な検討が必須で, 消化器外科学会を始めとする参加学会とNCD機構とが協議を重ねたうえで, 公表基準を策定することになる.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る