<< 一覧に戻る

大震災後のよりよい医療の復旧・復興を目指して

放射線の人体への影響―チェルノブイリの教訓から―

Radiation effects on human health : lessons from Chernobyl

光武範吏山下俊一

Surgery Frontier Vol.18 No.4, 29-33, 2011

Summary
 われわれはこれまで,広島・長崎の原爆被爆者,チェルノブイリ原発事故などから,放射線が人体に与える影響について調査研究を継続している。しかしながら,低線量領域では,その発癌リスクの上昇は検出できない。個人の遺伝的背景や生活習慣,ほかのリスク要因などの交絡因子の影響が大きく,疫学的に検証するのはきわめて困難である。チェルノブイリ事故後の被曝住民に対し,これまでにコンセンサスの得られた放射線による健康影響は,短半減期の放射性ヨード被曝によると思われる小児甲状腺癌の増加のみである。ほかの長半減期核種である137Csなどでの健康影響は証明されていない。一方,直接放射線によるものではないが,精神的・心理的影響は甚大であり,チェルノブイリの教訓が福島に生かされる必要がある。福島では,今後とも実害と風評被害への対応,具体的には継続した放射線リスクコミュニケーションと,健康ならびに環境汚染モニタリング体制の拡充が重要である。

Key Words
放射線,チェルノブイリ,内部被曝,甲状腺癌,リスクコミュニケーション

はじめに

 人類はこれまで,放射性物質,放射線をさまざまなかたちで利用してきた。医療分野,エネルギー分野,そして不幸にも軍事面でも使われてきたのは周知の通りである。そのなかで,きわめて多数の人々が被曝を受けた事例として,われわれは広島・長崎両都市での原子爆弾,そして旧ソ連邦で起きたチェルノブイリ原子力発電所事故を経験してきた。広島・長崎での原爆被爆者の疫学調査は,詳細,かつ長期間にわたって継続されており,対象者数の多さ,線量推定の精度,追跡の確かさから,最も信頼性の高いものであり,現在の国際放射線安全防護の基準は,この結果をもとに作成されている。本稿では,まず基本的な被曝の様式,線量と健康影響について簡単に解説し,さらにチェルノブイリ事故後の調査結果,特に影響が大きいと考えられる甲状腺被曝について概説する。

放射線の人体に対する影響

 放射線がヒトに与える影響には,大きく分けて2種類がある(図1)。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る