<< 一覧に戻る

栄養のKEY NOTE

【脂質代謝】脂質の概念と分類

小林哲幸

Surgery Frontier Vol.18 No.3, 106-108, 2011

脂質とは
 脂質(lipid)は蛋白質や糖質と並んで生体を構成する代表的な生体分子であり,一般にベンゼン,エーテル,クロロホルムなどの有機溶媒にはよく溶けるが,水には溶けづらい性質を示す。いわゆる「水と油」の関係にあるが,この性質は脂質分子中に長い鎖状あるいは環状の炭化水素構造を持つことに起因する。このような炭化水素鎖は極性がなく,極性分子の溶媒である水に馴染まずに,生体内でも脂質分子同士が疎水性結合により集合し合って,特有な会合体を形成する1)2)。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る