<< 一覧に戻る

What's New in SURGERY FRONTIER

第68回癌領域で注目されるPKCの新知見 胃癌におけるPKC

沖英次掛地吉弘前原喜彦

Surgery Frontier Vol.18 No.1, 66-69, 2011

はじめに
 PKC (protein kinase C)ファミリーは壁細胞における消化液の外分泌の調節や,EGFやVEGFリガンドなどの内分泌にかかわる多機能な分子である。胃癌を含む多くの癌細胞では,このPKC依存性のシグナル伝達異常が生じている。また,発癌のプロモーターであるホルボールエステルがPKCを活性化することは以前より知られており,PKCは有望な癌治療の標的の1つとなり得ると考えられている。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る