<< 一覧に戻る

消化器外科データベースの構築とその展開

高度技能医制度を包括するデータベース

宇都宮徹島田光生三浦文彦山本雅一高田忠敬

Surgery Frontier Vol.17 No.4, 32-38, 2010

「Summary」日本肝胆膵外科学会データベースでは, (1)高度技能医制度(高度技能医, 修練施設)が, 肝胆膵領域のいかなる手術をいかなる医師らと行い, いかに安全に行い得ているかを検証すること, (2)会員登録や会費納入の確認, 高度技能医の申請や修練施設の年次報告など会員の利便性を向上させること, (3)胆道癌登録や各プロジェクト研究など本学会特有のデータベース機能をもたせること, の3つを大きな柱としている. 中でも質の検証が重要と考えており, 本制度の意味付けと肝胆膵外科手術の保険点数算定を含めたインセンティブ関連の資料になり得るデータベースを目指している. このような包括的データベース作成をNational Clinical Database(NCD)との協同で進めており, すでに作成済みの詳細な入力項目をNCDの中に上手に組み込むことと, 肝胆膵外科学会での検証や処理が容易な形にできればと考えている. このパターンが関連学会でも採用されれば, NCDも真の意味で有用なデータベースとなるであろう.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る