<< 一覧に戻る

腫瘍をめぐるQ&A

Question 1個の細胞からPCRができる可能性について教えてください

青柳一彦佐々木博己

Surgery Frontier Vol.17 No.1, 78-81, 2010

「Answer」「はじめに」PCR関連酵素や装置の改良によって, 今日では1細胞から標的遺伝子を増幅・定量することが可能となっている. ゲノムDNAを鋳型とする場合はシングルセルPCR1), mRNAを鋳型として逆転写反応(reverse transcription:RT)で一本鎖cDNAにしてPCRを行う場合はシングルセルRT-PCRと呼ばれる2)3). しかし, 1細胞から得られるごく微量のゲノムDNAやmRNAを, 直接, 鋳型とした場合, 調べられる遺伝子の数は限られる. 多数の遺伝子またはゲノム網羅的に情報を得たい場合は全ゲノムDNAやmRNAを一度増幅する必要がある. 「細胞の回収と核酸の抽出」組織や細胞株より適当な手法で細胞をバラバラの状態にし, 細胞表面マーカーや形態的な特徴により目的細胞を回収する. この際, フローサイトメーターやマイクロマニュピュレーターなどの装置が利用される. また, 固定した病理組織標本からマイクロダイセクションで目的細胞を回収することもできる4)5).

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る