<< 一覧に戻る

実験講座

マウスES細胞の培養法

山内香織末盛博文

Surgery Frontier Vol.17 No.1, 67-70, 2010

「Summary」胚性幹細胞(embryonic stem cell:ES細胞)は, 体を構成するすべての種類の組織細胞に分化する多分化能を保ちながら, 培養下で無制限に増殖する能力をもつ細胞壁である. ES細胞や最近注目されている人工多能性幹細胞(induced pluripotent stem cell:iPS細胞)は, このような特性から再生医療や創薬研究への応用が期待されている. これらの細胞は, 試験管内で未分化状態を保持したまま長期間継代維持することが可能であるが, 一方でその培養条件を変えることで目的の組織細胞へと分化誘導させることができる. また, あらかじめ試験管内で遺伝子操作を加えたマウスES細胞から作製した遺伝子改変マウスを用いた個体内における特定の遺伝子の機能解析も数多く行われている. このようなES細胞の特性をその培養過程において変化させることなく培養維持することが重要である. 本稿では, 基本的なマウスES細胞の培養法について解説する.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る