<< 一覧に戻る

注目される癌化学療法のクリニカルトライアル

食道の領域

宮田博志山崎誠瀧口修司中島清一藤原義之森正樹土岐祐一郎

Surgery Frontier Vol.17 No.1, 11-15, 2010

「Summary」わが国では最近のJCOG臨床試験の結果より, 切除可能食道癌に対して5-FUとシスプラチンを併用した術前FP療法+手術が標準治療となりつつある. 標準的化学療法であるFP療法の奏効率は35%程度であるため, それを上回る奏効率を期待してドセタキセルを併用したDCF療法の臨床試験が進行中である. また, わが国で開発されたS-1は他癌での有効性が示されており, 食道癌における保険適応の承認が待たれる. 一方, 海外では術前化学放射線療法+手術が広く行われるようになってきており, 放射線と併用する化学療法としての臨床試験が進められてきた. key drugであるシスプラチンに加えてパクリタキセル, オキサリプラチンなどのcytotoxic drugや, セツキシマブ, エルロチニブなどの分子標的治療薬を併用したレジメンなどの開発が進められている. 「はじめに」食道癌治療における化学療法は, 主として術前術後の補助療法や放射線療法との併用による化学放射線療法として用いられており, 化学療法単独での使用は切除不能な遠隔転移症例や術後再発症例などに限られる.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る