<< 一覧に戻る

特集 産婦人科における先端情報処理技術の展開

婦人科医療用画像へのAIの応用

曾根献文

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.30 No.2, 15-19, 2023

婦人科医療用画像においてもAIの応用が進められており,モダリティとしてはコルポスコピー,MRI,CT,子宮鏡,超音波画像などにおいて研究されている。主に正常,良性腫瘍と悪性腫瘍の鑑別に用いられることが多く,子宮頸がん,子宮体がん,卵巣がん,子宮肉腫などの婦人科悪性腫瘍が対象である。他の報告として婦人科悪性腫瘍における予後予測,再発予測なども散見される。手術動画についても深層学習における研究が報告されているが,婦人科分野は現時点では少ない。われわれの研究として婦人科がんの低侵襲手術のナビゲーションシステムの開発が進められている。
「KEY WORDS」深層学習,畳み込みニューラルネットワーク(CNN),画像認識,良悪性診断,自動診断

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る