<< 一覧に戻る

特集 ヒト胎盤機能と病態

胎盤と再生医療―卵膜を含む―

吉田淑子岡部素典

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.28 No.3, 43-50, 2021

胎盤(卵膜)は羊膜,絨毛膜,脱落膜から構成される組織で,originの異なる幹細胞を豊富に含有する組織である。他の組織から区別しやすい羊膜を特殊な方法で乾燥したハイパードライヒト乾燥羊膜(HD羊膜)が炎症の進行状況を調整する性質をもつことを明らかにした。また,羊膜から単離したヒト羊膜由来上皮系幹細胞(hAESCs)は強い抗酸化作用を,ヒト羊膜由来間葉系幹細胞(hAMSCs)はインターロイキン(IL)-10やプロスタグランジンE2(PGE2)の分泌により抗炎症効果を示すことが明らかとなった。これらの特性を生かした新たな再生医療法の確立が期待される。
「KEY WORDS」胎盤,羊膜,ハイパードライヒト乾燥羊膜(HD羊膜),ヒト羊膜由来上皮系幹細胞(hAESCs),ヒト羊膜由来間葉系幹細胞(hAMSCs)

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る