<< 一覧に戻る

新着

特集 ゲノム時代の生殖内分泌学

ゲノムと高プロラクチン血症

生水真紀夫

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.28 No.2, 53-58, 2021

特発性と考えられていた持続性高プロラクチン血症のなかに,プロラクチン受容体遺伝子の変異患者が含まれていることが明らかになった。高プロラクチン血症に加えて,乳汁分泌不全を示す家系と逆に産褥期に遷延性乳漏症をきたす家系とが報告されている。高プロラクチン値が持続する患者で,全身状態が良好であるにもかかわらず産褥期に乳房緊満感と乳汁分泌とを欠如するときには本症を疑って検索を進める。
「KEY WORDS」高プロラクチン血症,プロラクチン受容体,遺伝子変異,乳汁分泌不全

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る