<< 一覧に戻る

新着

特集 ゲノム時代の生殖内分泌学

ゲノムと月経困難症

平田哲也

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.28 No.2, 31-37, 2021

最近,ゲノムワイド関連解析(GWAS)により,さまざまな疾患や体質の関連遺伝子が同定され,月経困難についても立て続けに報告された。日本,中国,欧州の3つのデータセットにおいて同様にnerve growth factor(NGF)近傍の遺伝子領域が月経困難と関連していた。また,これらの一塩基多型(SNP)は,NGFのエンハンサーであるlong non-coding RNA RP4-663N10.1の発現と関連していることが推定された。また,われわれが同定したIL1A遺伝子領域については,子宮内膜症のGWASで報告された領域と共通であった。このように,GWASのデータから抽出された遺伝子領域は,月経困難のメカニズムの解明の有力な手掛かりになるとともに,有力な新規治療ターゲットとなりうる。
「KEY WORDS」GWAS,月経困難症,NGF,IL1A,eQTL

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る